壁紙をありきたりの白系からダークにしてみるのもいいかも?!

壁紙というと、だいたいが白色に近いものが多いものではないでしょうか。
なので、黒系の壁紙なんていうものはほとんどないんだろうなと思っていたんです。
でも、あるところには黒系の壁紙だって取り揃えてくれていたりもするんだといいます。

もちろん真っ黒ではなく、黒系の壁紙なので部屋が暗くなりすぎることもなさそうです。
一番汚れにも負けない色なので、少しのダーク色壁紙というのも悪くないでしょう。
また模様も入っていたりすれば、壁紙としてなんら控えたい色でもないのではないでしょうか。

また定番の白色壁紙を使う時でも、柄入りの壁紙にするといいんだろうなとも思えます。
無地の真っ白色よりは、やはり柄に目がいく分、汚れなどは後から入ってきたりします。
もちろん柄の出方は濃いものでも薄いものでもどちらでもいいのかなというところです。

そして、壁紙はワンポイントで替えたりしても全然違和感がないのが不思議なものだったりもします。
天井だけ、とか大きな汚れを隠すだけ…これでも壁紙と部屋の空気じたいが良くなることもあるからです。
たかが壁紙、ですが1年ごとぐらいに大掃除ついでに壁紙替えするのも新築気分にるかもしれません。