相続は思った以上に難しい!税理士への相談が理想的

私たちが生きるうえで、誰一人避けられないのが「死」です。
ストレート過ぎる表現かもしれません。
しかし「遺書」はもちろんのこと、「エンディングノート」を作成する人が増えたいま、現実と向き合うことが大切ではないでしょうか。
これは、被相続人だけでなく、相続人側も意識しておきたい点です。
お葬式の方法なども含めて、タイミングをみながら家族で話し合っておきましょう。
身近な人が亡くなると、相続手続きが必要になります。
また、遺産の額によっては相続税が発生するため、きちんと計算することが大切です。
ただし、相続対象の財産が現金や預貯金以外もあるときは、困難を極めることが少なくありません。
自宅をはじめ、複数の不動産を所有している場合は、評価額の把握が難しくなるからです。
身近な申告として「確定申告」があり、これまで経験した人もいるでしょう。
しかし、相続税の申告はかなり難しいため、自分では対応できないのが現実です。
計算間違いなどにより、追徴課税の対象になる場合や、税金を払いすぎる場合もありますが、どちらになっても大変です。
そうならないためにも、相続税に詳しい税理士への相談をおすすめします。